浴室リフォームのタイミング リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPお風呂・浴室リフォーム浴室リフォームのタイミング

お風呂・浴室リフォーム

浴室リフォームのタイミング

  • 浴室リフォーム1
  • 浴室リフォーム2
  • 浴室リフォーム3
  • 浴室リフォーム4
  • お風呂でお月見!?あったか家族のバスタイム
長く住んでいる愛着のある家。しかし、長く住んでいると水回りから徐々に老化が目立ってきます。一日の疲れを癒やすお風呂場は特に、キレイで最新の設備を備えたものにしたいと思ってしまいますよね。
ここでは、高額だからこそ慎重になりたい、浴室リフォームのベストなタイミングについてご紹介したいと思います。

目に見えるリフォームのタイミング

・浴室内部や浴槽にヒビワレ、サビが出ている
・カビがひどい・洗っても色が落ちない
・排水口の掃除をしても排水が流れにくい
・湯水の温度調節がききにくい
・洗面、脱衣場の床がぶよぶよしてきた

お使いのお風呂場が上記項目に当てはまるようでしたらそれはリフォームのサインです。

築10年を超えるとカビ、汚れが目立ちはじめ。また15年を超えると目に見えていない部分でも注意が必要になってきます。
脱衣場の床がぶよぶよしたり、きしきしと音を立てる場合は中の土台がへたっていたり、シロアリの被害にあっていることが多くあります。
それを放置し、腐食が進めば進むほどリフォームする際にそこから着手しなければならず、それだけ余分な費用がかさんでしまうのです。 15年を目安にお使いのお風呂場を見直すことをおすすめいたします。

いくら排水の掃除をしていても流れが悪い場合、水が溜まる頻度も多くなります。水が溜まった事により湯あかやカビの原因になり、それらの掃除までも必要になってきます。掃除のしやすさや頻度もまた、リフォームする上で必須な項目です。
新型のユニットバスはカビの生えにくい素材を使用しており、また掃除の手間がかからないので、その分の時間や費用を節約することができます。早目に浴室をリフォームしておけば、その分だけ早くこれらのメリットを受け取ることが出来るのです。

家族の安全のために今すぐでも考えたいリフォーム

・冬になると浴室が寒い
・石鹸やお湯で床がすべりやすくなっている
・脱衣場と浴室の間に段差がある

家族の健康と家庭内事故を防ぐためにもこの項目は見逃せません。
今や家庭内事故死は交通事故死よりも多い時代です。中でも浴室での死亡事故は多く、特に注意したいのは温度差によるヒートショックです。
古い浴室は断熱性が低く、暖房設備も整っていないためにヒートショックが起こりやすくなっています。昨今の浴室設備は浴室内の温度設定が可能になり、給湯機能でも温度の切り替えが早く、シャワーがあたたかくなるのを裸で待つ事もありません。
お風呂場は一日の疲れを取る大切な場所です。
思わず心がゆるむ暖かい環境でリラックスしたいですね。

そして最新型の浴槽ならバスタブのお湯が6時間で2度ほどしか下がらないので、その分追い炊きの際の費用も自動的に抑えることができます。また給湯器も現在では節約やエコに対応して大きく進化していますので、光熱費の削減にもなります。毎日使うお風呂ですので結果的に大きな節約に結びつきます。

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.