お風呂・浴室でのヒートショックに注意

ヒートショックとは、家の中で、暖かい場所から寒い場所などに移動した際に、急激な温度の変化によってもたらされる、体調不良のことです。血圧や動脈の変動が起こり、最悪の場合、脳梗塞や心筋梗塞などにつながり、死に至るケースもあります。
そして、このヒートショックですが、家庭で一番起こりやすい場所と言うのが「浴室」ということになり、特に浴室と室内の温度差が激しい寒い季節に起こりやすいため注意が必要です。

ヒートショックになりやすいのはどんな人?

65歳以上の高齢者がヒートショックに最もなりやすいようです。高齢者の4分の1に上ります。ただし20代~30代の若者も、決して無関係とは言えず、注意が必要であることに変わりはありません。
肥満気味の方や高血圧・動脈硬化を患っている方は、ヒートショックの影響を受けやすいことが考えられます。健康な方でも、熱めのお風呂に入ることが好きな人、首までつかってお風呂に入る人、お酒を飲んでからお風呂に入る人等も影響があると言えます。
また、浴室内が十分に温まっていない為、一番風呂をする人はヒートショックを起こしやすいとも言われています。

ヒートショックを防ぐには

では、ヒートショックを防ぐにはどのようにしたらいいのでしょうか。

(1)家の中の温度差を無くす
暖房が効いている暖かい部屋と、寒い浴室との温度差をなるべく少なくすることがポイントになります。
一番の解決の早道は、家全体の断熱を見直すこと、弊社で採用している断熱材セルロースファイバーで家全体を包み込むことで、温度差の少ない空間を実現できます。
簡単な対処法としては、温度差を少なくするために、服を脱ぐ前に浴室内に熱めのシャワーを流し、浴室を温めておくといいでしょう。反対に暖かい浴室から寒い脱衣所に移る際にヒートショックになる可能性もあるため、脱衣所内もあたたかくしておく必要があります。浴室・脱衣所の理想の温度は25度前後です。浴室と脱衣所を同時に温める温風暖房等の様々な暖房設備などがありますので、それらを検討するのもいいでしょう。
(2)お湯の温度はぬるめに設定
お湯の温度が高いお風呂につかると、血圧変動が大きくなる為、お湯の温度はぬるめの温度(38~40度)に設定するようにします。長湯をするのは避け、お湯は首までつかるのではなく半身浴をするなど心がけてください。
(3)気温が高いうちにお風呂に入る
気温が特に下がる深夜にお風呂に入ることはなるべく避け、気温が高い時間帯(夕方~夜)にかけてお風呂に入るようにするといいでしょう。

その他の記事を読む

お風呂・浴室リフォームのお役立ちコンテンツ
お風呂・浴室リフォームの基礎知識
お風呂・浴室リフォームに関するご質問一覧
お風呂・浴室のお手入れ・お掃除方法のご紹介