マンションリフォームの注意点 リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPマンションリフォームマンションリフォームの注意点

マンションリフォームの注意点

  • マンションリフォーム
  • マンションリフォーム2
  • マンションリフォーム3
  • マンションリフォーム4
  • マンションリフォーム5

お住まいを買い替えることなく、さらに住み良い環境へと生まれ変わらせるリフォーム。
経年劣化による設備の老朽化や汚れなど、気になっている方も多いのではないでしょうか?
とはいえ、リフォームをする上で押さえておきたいポイント・注意するべきポイントがよく分からないという声も少なくありません。
「リフォームをスムーズに進めるためにはどうすればいいの?」「『専有部分』と『共有部分』って聞くけど、いまいち違いが分からない」など疑問を持つ方もいるはずです。
今回はそんなリフォームの中でも特に注意が必要な「マンションリフォーム」についてご紹介します。

マンションリフォームの注意点

まず始めに、戸建てのリフォームと違って、マンションのリフォームの場合はどんなことに注意しなくてはいけないのでしょうか?

まず、マンションの場合は一戸建て住宅とは違い、個人で勝手にリフォームしてはいけない部分があったり、逆に自由にリフォームしていいところがあります。「区分所有法」という法律に沿ってつくられた管理規約と使用細則というものがあり、これは所有者がそれぞれ快適に暮らせるようにと決められているものです。
そのため、住人はそれを守って工事をしなくてはなりません。
基本的にリフォームをして良い場所が「専有部分」、リフォームできない部分が「共有部分」になります。

  • 専有部分…独立した住居、および床や天井など壁に覆われて遮断された空間を指す
  • 共有部分…敷地内の専有部分を除いたエリア全てを指す

一見分かりにくいですが、専有部分は部屋の中などを指し、共有部分はエントランスやエレベーターなど「住民が共同で利用するところ」と考えてもらうと分かりやすいかもしれません。
このように一口に「リフォーム」といっても内容が異なるため、その為、予めリフォームできる範囲や仕様をしっかり確認することが大事です。
では、リフォームが可能な「共有部分」とは具体的にどこの部分になるのでしょうか?

下記が主な共有部分の例です。

  • ● ベランダ
  • ● 窓のサッシ
  • ● バルコニー
  • ● エレベーターやエスカレーターなど
  • ● その他、専有部分以外の場所や設備

意外に思う方も多いかもしれませんが、「窓のサッシ」はマンション全体で共有している部分に入ります。
そのため、窓のサッシを含む部分をリフォームする場合は管理組合への申請と決議の可否をともないます。
専有部分と共用部分に関しては、マンションの管理規約にも掲載されているため、リフォーム前に一度チェックしておくことをおすすめします。

工事前に気をつけるポイント

マンションリフォームをする際に、工事前に気をつけるポイントとして下記のようなものがあります。

  • ● 管理組合への申請
  • ● 近隣の住民の方への挨拶・お断り
  • ● 住宅設備の増設の有無

事前に管理組合への申請を行うのは前提として、近隣の方々へのお断りや挨拶も前もって行うようにしておきましょう。
工事中には騒音や資材の運び込みなどもあるため、事前にお知らせをするなど住民の方々への配慮を忘れないようにしましょう。

また、電気やガスなどの設備が増設する場合にも注意が必要です。
増設する器機毎に仕様が異なるので、アンペア数とブレーカーの組み合わせに齟齬が無いかなども考慮してもらうようにしましょう。

工事中~工事後に気をつけるポイント

工事中、また工事後に気をつけるポイントには以下の5点があります。

  • ● 工事中のお住まい場所
  • ● 住宅の構造体
  • ● 共有部分と専有部分の確認
  • ● 工事期間
  • ● 工事後のアフターケアサービス

大がかりなリフォームの場合、工事中は部屋で生活することができないため、生活する場所を事前に決めておく必要があります。
工事期間の長さによっても、その間の生活費が変わるので、あらかじめスケジュールを確認しておきましょう。

専有部分・共有部分のエリア分けに関しては、リフォーム業者との打ち合わせの際に、事前に管理規約を提出しておくのがいいでしょう。
遅くとも工事前には共有しておくようにしてください。
工事後、末永く快適に生活できるよう、アフターケアサービスが充実しているリフォーム業者に依頼するのも重要なポイントです。
住宅設備の延長保証や設備にトラブルが生じたときもすぐに駆け付けて対応してくれる制度が整っているかどうか、確認しておくようにしましょう。

マンションリフォームの事例

では、実際にマンションリフォームの事例について見ていきましょう。
「結婚に併せて…」「子供の成長に合わせて…」など、シチュエーションに合わせたリフォームがされているのがポイントです。

マンションリフォームの事例1

築年数:14年 家族構成:大人2人 子供1人

「家族の団らんを過ごせるような空間」「子供が伸びやかに成長できるように」これらの要素をキーポイントとして、リフォームが行われました。 一般的なマンションと同じように部屋が区切られていた間取りでしたが、リフォームでは一部を取り払い、「回遊型」のつながりのある空間を実現しました。 経由する空間のプライバシーが守られるよう、個室の良い部分も残したまま、住み良いアレンジがなされています。回遊型の空間に変わったことで生活導線の快適性が増したのも大きな魅力です。 ダイニングにもお子さまが絵本を取り出しやすい高さに揃えられたオープンラックや電子レンジがぴったり収まる収納棚など、機能性と生活感を両立した素敵なリフォームになっています。

マンションリフォームの事例2

築年数:36年 工期:80日間 家族構成:大人2人

ご依頼者様の希望通り、間取りを大きく変えることなく希望のデザインを実現しました。 友人を招いたり、ご自宅での仕事でもつかえるようにリビングは広々と、それ以外のエリアはスッキリとシンプルにまとめています。 デザインとしては、オーク無垢材や木素材、ステンレスなどを用いることで、スタイリッシュさと暖かみを両立させています。

この他にもLOHAS studioではマンションリフォームに関する施工事例を多数掲載しています。ご興味のある方、現在マンションリフォームを検討しているという方はぜひご覧ください!

マンションリフォームの施工事例はこちら

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る