小川町下里だより 2022年4月号(LOHAS studio Blog) リフォームのオクタ

  • phone

    0120-19-5955

  • 文字サイズ

LOHAS studio Blog

LOHAS studio Blog

小川町下里だより 2022年4月号

2022/04/04

OKUTAこめまめプロジェクト』の
パートナーである小川町下里地区。
その地元の「NPO法人生活工房つばさ・游」
理事長である高橋さんが毎月送って下さるお便りを、
ブログでもご紹介させて頂きます^^
.
それでは、今月号をどうぞ!
(※下記、高橋さんの文面を転載しています)
.
*************************
.

4月に入り、新しい年度の始まりで、気分がフレッシュになるような気がします。寒暖の差が激しく、風邪をひかれて体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?
ウクライナ情勢は相変わらず硬直状態が続き、世界を二分しかねない状況で私たちも無関心ではいられません。また、3/16深夜には少し大きな地震があり、311を思い出しました。常にリスクとの背中合わせなようですが、しっかりと大地に根を張っていきましょう。今月も小川町から話題満載でお届け致します。

 

今月のトピックス
【レポート】里山保全活動「落ち葉掃きと椎茸コマ打ち体験会」レポート3/26
【レポート】OKUTA提携農家交流会 3/22
【情報】里山拠点活動「恒例 満月焚き火会」4/17(日)

今月の話題
【レポート】-米と輸入小麦の価格の推移- フード・マイレージ資料室より
【情報】小川町観光動画が公開されました
【レポート】小川町情報あれこれ
●小川アクティビリティ 「鎌倉街道上道と神秘の板碑工房」
●平成9年以降ずっと転出超過が続いていましたが昨年、11年振りに転入超過となりました。
●下里地区のニリンソウがみごろです
●下里さくらまつり 4/5

 

今月のトピックス

【レポート】里山保全活動「落ち葉掃きと椎茸コマ打ち体験会」レポート3/26
毎年恒例のイベントですが、今年から小川町上横田の輪禅寺周辺の里山整備をされている「杜の集会所」というグループと協働して行うことになりました。初めての場所での落ち葉掃きでしたが、2月同様、袋いっぱいに落ち葉を集めて、堆肥場に運びました。子ども達は、木の間に作られた不安定なブランコに悪戦苦闘。でも、すぐにコツをつかんで楽しんでいました。
午後からは椎茸のコマ打ち体験です。参加者に木の道具を使うのに慣れていた人がいたお陰でサクサク進み、2時間あまりで5000個の種菌を植え付けることが出来ました。昨年、植え付けた椎茸が秋には収穫体験できるでしょう。夏にホタルが沢山出ますので、ディキャンプやホタル狩を企画してみたいと思います。こう、ご期待。
里山落ち葉掃き20220326 里山ブランコ20220326
<里山保全活動の様子や子ども達の里山遊びの様子>

 

【レポート】OKUTA提携農家交流会 3/22
コロナ前まで毎年行っていたOKUTAこめまめプロジェクト農家さん交流会を3/21にマンボウが明けた事から、3年ぶりに行いました。昨年10/1付で社長となった小泉社長をお招きしての初めての交流会です。小泉社長が40歳とまだお若く、農家さんにとっては息子のような年齢です。小泉社長が、初めてという事で小川町の有機の美味しい物を集めて、これまでの13年間を振り返りました。また、これからの課題についても共有し、OKUTAこめまめプロジェクトをさらに進めるために、みんなで協働していくことを確認しました。
※小川町産オーガニック日本酒・ビール・ワインと霜里農場の野菜などを使った「小川の有機野菜が主役の日替わりシェフレストラン べりカフェ」特製お料理です。
交流会 IMG_0948_R
<交流会の集合画とお料理の画像>

 

【情報】里山拠点活動「恒例 満月焚き火会」4/17(日)
里山保全活動拠点である小川里山食農スクールエディベリでは2ヶ月に1回満月の夜、焚き火会を開催しています。里山保全活動で出てきた薪を活用して行います。焚き火の火は、人の体だけでなく心もほのぼのと温め癒やします。空には満月、地には焚き火を囲んで、みんなで美味しい物を食べて飲んで歌いましょう。
時:4月17日(日)17:30~21:00
所:小川里山食農スクールエディベリ 小川町中爪280-3 地図↓
http://edivery.org/abc/
会費:無料(寄付箱がありますので、自由に入れて下さい)
持参する物:my食器、一品持ち寄り
主催・問い合わせ:小川里山食農スクールエディベリ 髙橋
申込み:以下のフォームよりお申し込み下さい。
https://ws.formzu.net/dist/S2461571/
20220217-2-1
<1月の満月焚き火会の様子>

 

今月の話題

【情報】-米と輸入小麦の価格の推移- フード・マイレージ資料室 中田様より抜粋
ウクライナ情勢、地震などで食料の事が心配です。そこで、この方面に詳しい「フード・マイレージ資料室」の中田さんのブログから以下の情報をお伝えします。
・・・・・・・・・
総供給カロリーの13%を占める小麦の価格は、4月以降、大幅に値上げ改定されています。小麦は約9割を輸入に依存していますが、輸入小麦については、政府が計画的に買い入れて製粉企業等に売り渡す仕組みとなっており(買入価格と売渡価格の差額は国内産小麦の生産振興等に充当)、その売渡価格は、直近6か月間の国際価格、海上運賃、為替レートの動向等を反映して半年ごとに改定されます。2022年4月期の輸入小麦は5銘柄加重平均価格(税込み)で72,530円と、前期に比べ10,710円(17.3%)の引き上げとなりました(リンク先の図239の上のグラフ)。
https://food-mileage.jp/wp-content/uploads/2022/03/239_beibaku.pdf

今回の引き上げ改定の主な要因は、昨年夏の高温・乾燥による米国・カナダ産小麦の不作の影響であり、今後、さらにロシアのウクライナ侵攻の影響が出てくることが懸念されます。 一方、総供給カロリーの21%を占める米の相対取引価格(出荷業者と卸売業者との間での契約価格)は低下傾向で推移しており、近年、下落の度合いが大きくなっています(リンク先の図239の下のグラフ)。これは、長期的に継続する需要の減少を反映したもので、全国の米生産農家は苦境にあります。それでも主食である米を作り続ける国内の生産者がいるからこそ、輸入小麦等が値上がりしても、日本の食料安全保障は相対的に確保されていると言えるのです。
[資料]
農林水産省プレスリリース「令和3年産米の相対取引価格・数量について(令和4年2月)」(2022年3月18日)
https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/kikaku/220318.html
同「輸入小麦の政府売渡価格の改定について」(2022年3月9日)
https://www.maff.go.jp/j/press/nousan/boeki/220309.html
http://www.kankou-ogawa.com/sp_f006.html

 

【情報】小川町観光動画が公開されました
https://www.youtube.com/watch?v=LUvsyKb1r78

 

【レポート】小川町情報あれこれ
●小川アクティビリティ 「鎌倉街道上道と神秘の板碑工房」
https://ogakuru.jp/introduce/yamajiro

●平成9年以降ずっと転出超過が続いていましたが昨年、11年振りに転入超過となりました。
令和3年度転出 633人 転入646人

●下里地区のニリンソウがみごろです
3月末~4/10ごろ 詳細↓
http://www.kankou-ogawa.com/sp_f006.html

●下里さくらまつり 4/5
時:4月5日(日)予定
所:旧下里分校(小川町下里824)
問合せ:NPO法人霜里学校 0493-72-0429
詳細:http://www.kankou-ogawa.com/sp_e002.html

 

 

発行日:2022年4月1日
制作:NPO生活工房つばさ・游・高橋さま

SNSでシェアする

担当者へ無料メール相談!お気軽にご相談下さい!

お問合せ・資料請求はこちらから

LOHAS studio

LOHAS studioは、地球環境や健康に配慮した自然素材の住宅やロハスなリフォームを提供しています。埼玉・東京・千葉・神奈川から、14年連続でリフォームデザインコンテスト入賞 通算330点の受賞実績。

カレンダー

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

タグ

スタッフ一覧

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ