耐震補強の工事費用はどのくらいなのでしょうか?  リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP耐震リフォーム耐震リフォームQ&A 耐震補強の工事費用はどのくらいなのでしょうか?

 耐震補強の工事費用はどのくらいなのでしょうか?

  •  耐震補強の工事費用はどのくらいなのでしょうか?

Q1:耐震補強の工事費用はどのくらいなのでしょうか?

A1:一概にはいえませんが、平均工事費用は約120万円となっています。
耐震補強の工事は、補強箇所やその内容によってかなりバラツキがあるようです。費用100万円以下でも可能な施工や、助成金制度についてご紹介します。

補強箇所や補強内容によってバラツキがある

耐震工事にかかる工事費用は、補強箇所や補強内容などによってかなりの差があります。
一般的には、少ない費用で最大の効果が出る補強工事が理想です。
木耐協(日本木造住宅耐震補強事業者協同組合)が実際に行った耐震補強の工事費用(下図左グラフ)とアンケート調査(下図右グラフ)による希望費用を紹介します。

耐震補強の工事費用とアンケート調査

約120万円程度の補強ですと、壁の補強が2~3箇所、壁の補強に伴うホールダウン金物の設置が4~6箇所、外付けホールダウン金物の設置が4~5箇所、基礎のひび割れの補修程度が最も多い補強ケースです。しかし、補強プランというものはパッケージ化できるようなものでなく、1棟1棟検証が必要です。
また、耐震補強工事はリフォームを行う際に同時に実施するのが効率的です。耐震補強工事の費用は、おおむね「解体費用:2・補強費用:4・復旧費用:4」ですので、リフォームと同時に補強を行うことでそのコストは約半分ぐらいに抑えることができます。いつくるかわからない地震だけに費用をかけるのは難しくとも、せっかくリフォームするのだから同時に耐震性も担保するというのは非常に合理的ではないでしょうか。

耐震工事費用100万以下でもできること

構造に対するリフォームは行わず、補強だけ行う場合には100万円以下で施工ができ、ここに、いくつかの例を挙げます。

1)耐震工事費25万円
1間(182cm)の壁に筋交いを設置し、地震の横揺れに耐える対策を行う場合、耐震工事費として25万円程度かかります。相場としては、壁0.5間に対して材料費を含めて10円から15万円程度になります。ただし、屋外から工事を行う場合は、外壁の仕上げの作業が追加されるため、別途3万から5万円程度の費用が必要です。
2)耐震工事費40万円
木造住宅に耐震金物を10個取り付け、住居を支える土台や柱などの構造部の接合部分を強化する場合、耐震工事費として40万円程度かかります。相場としては、材料費と工事費用をあわせて、耐震金物1個の取り付けは3万円程度になります。そのため、10個の取り付けに30万円、壁の補修などの内装工事10万で、あわせて耐震工事費が40万円になります。
3)耐震工事費65万円
外壁の柱と土台に耐震パネルを取り付け、土台と柱の結合を強化する場合、耐震工事費として65万円程度かかります。工事は、外壁材をいったん取り除いて、耐震パネルを柱と土台に取り付け、また新しい外壁材で覆うという内容になります。耐震パネル、防水シート、外壁材などの材料費に35万円、工事費用に30万円で、あわせて耐震工事費が65万円になります。

助成金や融資制度などが利用できることも

耐震工事を行う場合、助成制度や融資制度などを活用することができ、工事費用を抑えることができます。今後予想される大地震の発生に備え、被害を最小限に抑え、人命を守ることを目的としており、国や地方公共団体から経費の一部を補助してもらえたり、一定の条件を満たせば、独立行政法人住宅金融支援機構から融資を受けられます。是非、お住まいの自治体に一度ご相談ください。

耐震リフォームの事例

オクタでは、耐震リフォームの事例もございます。「地震大国」日本で暮らしていくための備えを、さまざまな価格帯からご用意しております。
ご相談もお待ちしております。

元店舗をくつろぎの住まいに再生

ご主人が他界し娘さんが戻ってくることを機に、店舗併用住宅を耐震性だけでなく断熱性も重視して全面リフォームしました。在来木造建築のお家に耐震補強を施し、助成金を受けることができました。
リフォーム金額:2,800万円
築年数:32年

元店舗をくつろぎの住まいに再生

Grand View 
-「外」を「内」に引き寄せた伸びやかな空間-

リビングダイニングが廊下を隔てた南東側にあり、日中でも照明を点灯しなくてはならないほど暗かったため、間取りを大幅に変更しました。門型の耐震開口フレームを施すことで、開放的なLDKを実現しながらも、耐震性能を向上させました。
リフォーム金額:970万円
築年数:16年

Grand View -「外」を「内」に引き寄せた伸びやかな空間-

セルロースファイバーや複層サッシの
断熱効果で光熱費を削減

既存のお家は部屋が狭く、有効活用できていなかったため、全面リフォームしました。耐震性にも不安があったため、構造のみを残しスケルトン状態にして耐震補強を行いました。
リフォーム金額:2700万円
築年数:30年

セルロースファイバーや複層サッシの断熱効果で光熱費を削減

楽快居
―家族と自然と共に"変化"する住まい―

お母さまから住まいを受け継ぐことを機に、ご自分達の生活に合わせた住まいにリフォームしました。間取りを変更したため、開口部にJ耐震開口フレームを用いて耐震補強を行いました。
リフォーム金額:1397万円
築年数:14年

楽快居 ―家族と自然と共に「変化」する住まい―
耐震診断無料キャンペーンページはこちらから
事例ページはこちらから
  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る