古民家でリノベーション リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP古民家でリノベーション

古民家でリノベーション

  • 団地でリノベーション
  • Grand View ~「外」を「内」に引き寄せた伸びやかな空間 ~
  • 家族がつながる、アーバンオアシス
  • 色を楽しみ 色と暮らすサンタフェスタイル
  • 3つのtasteが織り成す癒し空間~英国の執務室・アメリカンカントリー・シンプルモダン~
近年、古民家を再生させてリノベーションをすることが注目を集めています。これは、古民家に昔ながらの日本の住まいの味わいや良さを感じ、この思いを感じながら、快適に暮らしていきたいと考える方や、先祖から代々受け継ぎ、思い出のつまった家を将来に残していきたいと考える方が増えているためです。
そこで、ここでは、古民家をリノベーションする際のメリットやデメリットを紹介していきます。
多くの場合、メリットだけがピックアップされる傾向にありますので、デメリットもしっかりと理解した上で古民家リノベーションを検討しましょう。

古民家リノベーションのメリット

古民家でリノベーションする場合のメリットとして、主に「材料の強度が良いこと」「資源の保護になること」「固定資産税が軽減できること」「デザインに独自性がでること」の4点が挙げられます。

古民家リノベーションのメリット

材料の強度が良いこと

古民家の柱や梁などの材料には、樹齢100年のヒノキやケヤキなどが使われています。樹齢100年のヒノキの場合、伐採されてから100年後に最も強度が高くなり、その後、200年から300年間は、その強度が維持されます。さらに、その強度が落ちるのは1200年ほどからと言われています。また、ケヤキの場合でも、強度が落ちるのは800年ほどからと言われています。
古民家は古いからという先入観から、リノベーションの際、強度について対策を行わないといけないと心配する方がいますが、ほとんど心配する必要はありません。また、古民家の柱や梁などの材料は現在では入手が困難で、入手するのに相当な費用がかかり、入手すらできないこともあるため、希少性が高いことにも魅力を感じるかと思います。

資源の保護になること

古民家リノベーションでは、柱や梁などの材料を再利用できるため、資源の保護につながります。環境にやさしいため、環境保全に貢献することができます。
また、シックハウス症候群やアトピー、アレルギーなどの原因物質を含む材料が使われていません。さらに、古民家は、構造上、マンションなどのように完全に密封されていないため、結露が発生しにくく、結露による湿気が原因のアトピーやアレルギーになる可能性は低いです。そのため、人にもやさしく、古民家リノベーション後は、より健康的に暮らすことができます。

固定資産税が軽減できること

固定資産税は築後年数により税額が決定するため、古民家を取り壊して新築を建てるよりも、税金を軽減できます。
住まいをリノベーションすると税金が高くなると心配する方もいますが、新築に比べ安く済み、その分、節約したり、リノベーション費用にあてることができるため、金銭面で魅力に感じることかと思います。
ただし、増築の場合、評価の見直しが行われるため、注意が必要です。固定資産税は自治体によって細かな部分での解釈に違いがあるため、古民家リノベーションの際は、最寄りの自治体の窓口に問い合わせてみることをおすすめします。

デザインに独自性がでること

長年使われてきた太い柱や梁を取り入れることで、他にはない住まいを造りだすことができます。年代を感じさせ、日本の伝統的な木造建築が持つ温もりや懐かしさを味わうことができるかと思います。
さらに、今の一戸建てのデザインは大体パターンが決まっていますが、古民家はパターンなどなく家々によってデザインが異なり、それをもとにリノベーションを行うため、自分だけの独自の世界をより簡単に造りだせます。

古民家リノベーションのデメリット

古民家でリノベーションする場合のデメリットとして、主に「断熱性が良くないこと」「耐震性に不安があること」「思っている以上に費用がかかること」の3点が挙げられます。

古民家リノベーションのデメリット

断熱性が良くないこと

古民家は風を建物全体に巡らせられるような構造になっているため、夏を快適に過ごすことができます。しかし、今の住まいと異なり、天井も高いため、暖かい空気は上部へ逃げ出してしまい、冬の寒さを一層感じるかと思います。そのため、リノベーションでは、暖房や断熱への対策が必要になってしまいますし、住み始めてからも、冬場は暖房費などのコストが余計にかかってしまいます。
ただし、これを古民家で住む良さととらえ、暖房器具に薪ストーブやいろり掘りごたつなどを用いて、古民家の冬の情緒を感じるのも一つの楽しみになるかもしれません。

耐震性に不安があること

古民家は耐震基準が制定される前に建てられているため、耐震性について心配している方も多いかと思います。
今の住まいは、倒壊しないように構造をしっかりと固めるという考え方で造られていますが、古民家の場合は、柱や梁の接合部や壁を変形させたり、建物自体の一部を破壊させることで、全体にかかる地震の揺れを吸収するという考え方で造られています。そのため、古いからと言って一概に古民家の耐震性が低いとは言い切れません。
ただし、見えない部分で材料が割れていたり破壊されている場合もあるため、古民家の構造設計に詳しい専門家に相談して耐震診断を受けることをおすすめします。

思っている以上に費用がかかること

古民家リノベーションの場合には、思ったよりも費用がかかる傾向にあります。
特に、材料に関連する費用が予想を上回る場合があります。材料にこだわりだすと希少性が高いため上限なくどれだけでも高いものもありますし、手に入れた材料を洗い、きれいにするとともに、既にある材料との統一感を出すために塗装を行うことなどにも費用がかかってしまいます。また、廃材を処分したりするのにも費用がかかります。
そのため、古民家リノベーションには、お金にある程度の余裕を持っておく必要があります。

古民家リノベーションの事例

オクタでは、古民家リノベーションの事例もございます。古民家ならではの味のあるデザイン、環境に配慮した住空間に、きっとご満足頂けるはずです。
ご相談もお待ちしております。

祖父の思い出と生きる家

子供の頃によく遊びに行った、大好きな祖父の家を譲り受け、なるべく祖父との思い出を大切にされたいとのご要望でリノベーションしました。長い年月を経て黒光りした既存の柱に合わせて、深い茶色の自然塗装を使用し、古民家の味わいを深めました。
施工費用:1400万円
築年数:65年

祖父の思い出と生きる家

古材の梁が主張する
大正モダン風デザインの和室

5年前に施工した木の香いっぱいのリビングの隣にあった和室を『大正モダン風』にアレンジしました。5年経過し風合いの感じられる空間と今回リノベーションした箇所の調和が感じられる空間になりました。
施工費用:311万円

古材の梁が主張する大正モダン風デザインの和室

古民家の魅力を引き出す
オール電化リフォーム

家族がくつろぐスペースをもっと広くし、キッチンやリビングを住まいの中心にしたいとの思いから、リノベーションしました。環境にやさしく、火を使わない安心感もあり、光熱費が安くなることから、オール電化住宅にしました。
施工費用:2500万円
築年数:49年

古民家の魅力を引き出すオール電化リフォーム

自分たちの「好き」をつめこんだ、
こだわりの古民家ハウス

これから増える新しい家族のことも考え、もっとスペースを有効的に広く使いたいとの思いから、リノベーションしました。「ヨーロピアンプルース」という温かみのある質感の樹種を一面に敷き詰め、古民家的な味のある雰囲気を演出しました。
施工費用:1397万円
築年数:25年

自分たちの「好き」をつめこんだ、こだわりの古民家ハウス



中古を買ってリノベーションページ

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る