中古住宅を買ってリノベーション リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPリノベーション中古を買ってリノベーション中古住宅を買ってリノベーション

中古住宅を買ってリノベーション

  • 中古を買ってリノベーション
  • Grand View ~「外」を「内」に引き寄せた伸びやかな空間 ~
  • 家族がつながる、アーバンオアシス
  • 色を楽しみ 色と暮らすサンタフェスタイル
  • 3つのtasteが織り成す癒し空間~英国の執務室・アメリカンカントリー・シンプルモダン~
日本の不動産市場では新築住宅の購入が大きなシェアを占めていますが、欧米では中古住宅の購入がメイン。新築住宅が主流なのは先進国では日本だけなのです。木造住宅が主流であった日本は、住宅は老朽化するので建て直すものという意識が根強く残っていることが原因だと考えられます。しかし、近年では中古住宅を取り巻いていた多くの問題が解決され、政策面での後押し、経済・社会状況の変化なども影響し、中古住宅を購入してリノベーションする方が増えています。
ここでは、中古住宅を購入してリノベーションする際の、メリットや物件選びのポイント、中古住宅を買ってリノベーションを実施したLOHAS studioの事例を紹介します。
LOHAS studioでは住宅購入前からのご相談や資金計画なども実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

ストック住宅という考え方

ストック型社会とは、社会の基礎基盤となっている住宅や道路などを長く大切に使い、持続可能で豊かな社会のことです。
現在、家電や自動車や服などは身の回りでリサイクルされていますが、住まいにおいても積極的にリサイクルしていくべきであると考えます。
アメリカやイギリスなどのヨーロッパと日本の住まいの寿命を比較してみると、日本の住まいの寿命は短い傾向にあります。これは要因として日本は地震が多いことがあげられますが、それ以外にもそもそも日本には新築を建てることを好み、短い年月で過去の住まいを使い捨ててしまう文化が根付いていたように思えます。日本では7.5戸に1戸と空き家も多く、長期的な視点でみると、経済的にも環境的にも無駄なことであり、今ある住まいを長く大切に活用すべきです。
また、イギリスなどのヨーロッパ人と日本人の生涯収支を比較してみると、前世代からのストックを活用できるヨーロッパ人のほうが日本人より収入が少ないものの、住宅にかかるコストを抑えることができます。ゆとりがある生活を送るためにも、ストック住宅を活用することをおすすめします。

中古住宅リノベーションの魅力

中古住宅のリノベーションには、オシャレでデザイン性重視というイメージをもっている方も多いと思いますが、実は機能的な魅力も沢山あります。

ライフスタイルに合わせた住みよい環境にカスタマイズ

平日も休日も、多くの時間を過ごす場所である家は、住みよい環境であってほしいものですよね。ですが、長い間住んでいたりすると、使いにくい部分や直したい場所が多々出てくることも珍しくありません。
また、お子様を含めたご家族の成長などによって、住みよい間取りや住環境というものも変化していきます。
リノベーションでは、そういったライフスタイルの変化に応じて、間取りやルームデザイン、また建築素材といったものを自由にカスタマイズすることも可能です。

「ライフスタイルに合わせた住みよい環境にカスタマイズ」の施工事例を詳しく見る「ライフスタイルに合わせた住みよい環境にカスタマイズ」の施工事例を詳しく見る

希望の立地を選んで、あとは理想の家につくり変えるだけ

自分の理想に近い物件は見つかったけれど、希望の立地ではないという経験がある方も多いのではないでしょうか?
中古物件なら新築物件よりも流通量が多く、希望のエリアから選びやすいというメリットがあります。

新築よりも安く、新築よりも美しい

中古住宅は購入費用が新築物件に比べて安い分、リノベーションにお金をかけることができ、お安く美しいお住まいを造りあげることができます。

「新築よりも安く、新築よりも美しい」の施工事例を詳しく見る「新築よりも安く、新築よりも美しい」の施工事例を詳しく見る

中古住宅をリノベーションする際のメリットデメリット

中古住宅をリノベーションする際に、リノベーションによるメリットばかりに目がいってしまいがちです。しかし、中古住宅のリノベーションにもあまり語られないデメリットが存在しています。中古住宅を買ってリノベーションする前に、そのメリットとデメリットを確認しておきましょう。
中古住宅をリノベーションする際のメリットデメリット

中古住宅リノベーションのメリット

・自由に設計できること
最も大きなメリットは、自分の好みに設計できることです。家族が増えたりすると、間取りも変更することになりますがリノベーションはライフサイクルに合わせて、家を変更することができます。

・物件の選択肢が増えること
新築を購入する際は、すでに完成している物件から選ぶことになり、選択肢が少なくなってしまいます。中古住宅を購入してリノベーションをする際は、立地から選んで、あとはリノベーションで好みの家に変化させることができます。

・新築を建てるよりもコストをおさえることができること
中古住宅のリノベーションは多くの場合、購入時の費用や購入後の税金を抑えることができます。

中古住宅リノベーションのデメリット

・築年数が長いために耐久性に不安がある可能性があること
築年数があまりに長すぎる中古住宅の場合は、老朽化が進んでいる可能性があるため注意が必要です。

・住むまでに時間が必要であること
新築をそのまま購入する場合に比べると、中古住宅のリノベーションは施工の時間が必要になるので、住むまでに時間がかかってしまうことがあります。

・ローンの金利が高くなる傾向があること
中古住宅のリノベーションの際に入るローンは、新築に比べると金利が高くなってしまうことが多いです。また、税金を返済する期間も短くなることもあり、月当たりの金額が多くなってしまうことがあるので注意が必要です。

このように中古住宅のリノベーションには、メリットがある反面、あまり語られないデメリットも存在します。LOHAS studioでは、別記事にてリノベーションのメリット・デメリットをより詳しく解説しておりますので、ぜひご参考ください。

「リノベーションのメリット・デメリット」を詳しく見る「リノベーションのメリット・デメリット」を詳しく見る

リノベーションに適した住宅とは?チェックすべきポイント

リノベーションを施す中古住宅の状態や、使われている素材によってリノベーションができたりできなかったりするケースがあります。
ではリノベーションに適した住宅とは、いったいどんな住宅なのでしょうか?
中古住宅の種類や使われている素材などにも左右されますが、リフォーム業者の方に相談する前の段階では、まず以下の点をチェックしてみるのがいいでしょう。

  • 立地がいいものの、築年数が古く売れ残っている物件
  • 間取りが悪い物件
  • 外装にあまり魅力がない物件

築年数が古い物件は値段が下がっていることも多いため、購入費用がかかりません。
また、立地の条件さえよければ、リノベーションを施すことで綺麗な家につくり変えることができますし、間取りも住みよいように組み変えることができます。

中古住宅のリノベーションに必要な費用と期間

さて、リフォームやリノベーションなどの住宅改修といえば気になるのは工事にかかる費用と期間ですよね。金額と費用について、順にチェックしていきましょう。

中古住宅のリノベーションにかかる3つの費用

中古住宅を購入してリノベーションをする際に考えておかなければならないことに、費用の問題があります。費用と一口に言ってもかかる種類は様々あり、費用の発生するタイミングで分けると主に3つに分けられます。

中古住宅のリノベーションにかかる3つの費用
①中古住宅購入時にかかる費用

まずは中古住宅を購入する際にかかる費用です。これは、購入する地域によっても相場が変わるため一概には言えません。購入そのものにかかる費用と、管理会社や仲介会社など手続きにかかる費用で2種類あります。

②リノベーションにかかる費用

2つ目は、リノベーションの工事を行う際にかかる費用です。これは、リノベーションを行う際の工事の内容によって大きくかわってきます。中古住宅の場合、水回りの工事や建物の柱の位置を変えてしまうような大きな間取りの変更をすると費用が大きくなると言われています。

③居住後にかかる費用

最後に、実際に建物に住んだ後にかかる固定資産税や引っ越しの費用です。中古住宅を購入してリノベーションする人に多いのが、購入する際やリノベーションの工事にかかる費用を意識しすぎて、その後の費用は見落としていることです。特に固定資産税に関しては、ずっとかかる費用になりますので、購入前に年間どのくらいの固定資産税がかかるのか把握しておく必要があります。

上記3つのタイミングで、中古住宅を買ってリノベーションする際には費用が発生します。中古住宅のリノベーションを行う際は、ご自身の理想のリノベーションを実現するには実際にどれくらいの金額がかかるのかシミュレーションをしておく必要があります。LOHAS studioでは、予算ごとにどんなリノベーションが行えるのか、事例をご紹介しておりますので、ご自身の想定していた予算でどのようなリノベーションができるのかご覧ください。

「リノベーションにかかる費用」を詳しく見る「リノベーションにかかる費用」を詳しく見る

中古住宅のリノベーションにかかる期間

部分的な小さなリフォームなどは2週間前後で終わるものも多いですが、大規模なリノベーションでは4ヵ月~5ヵ月ほどの期間がかかるケースが一般的です。
リノベーションにかかる期間も、費用と同じように改修内容によって変わってくるので、業者の方に、改修内容に対する工期の見通しを聞いておくのがいいでしょう。

中古住宅のリノベーションする際に発生するローンの注意点

中古住宅のリノベーションには費用が大きく発生することがあります。特に、中古住宅を購入してリノベーションを行う場合、マンション購入よりも大きい費用になることが多いです。
そうした理由から、中古住宅を買ってリノベーションする人の多くが利用するのが住宅ローンです。
住宅ローンは新築購入時だけでなく、中古住宅購入時にも加入するのが一般的になっていますが、加入する際には様々な注意点があります。下記にポイントをまとめましたので、ご参考ください。

中古住宅のリノベーションする際に発生するローンの注意点

①住宅ローンの検討期間は余裕を持つこと

新築購入時と比較すると、中古住宅の場合は、物件の引き渡し期間が短く1ヵ月などの短い期間で行われます。そのためローンの検討期間が短くなりがちなので注意が必要です。

②中古住宅の購入価格だけでなく諸費用も考慮した借り入れを

中古住宅を購入する場合には、物件価格以外にも様々な費用が発生します。仲介手数料や引っ越し代など、それらも考慮した上でローンの借り入れをしなければなりません。

③中古住宅購入時はローンの借入期間は短いことが多い

新築購入時に比べると、中古住宅を購入して住宅ローンを利用する場合には、借入できる期間が短くなることが多いです。そのため、想定しているよりも月々の返済額が高くなる可能性があります。

④そもそも借り入れ金額の上限が低いことも

中古住宅購入時に住宅ローンを利用する場合には、新築購入時に比べ、借入金の上限が低くなってしまう可能性があるため、注意が必要です。

⑤中古住宅購入でのフラット35の利用時に注意したいこと

中古物件を購入してフラット35を利用する場合には、購入した物件が条件を満たしているか判断する必要があるため、事前に確認しておきましょう。

⑥住宅ローン控除を受けたい場合は築年数に注意

住宅ローン減税制度には、築年数などの条件があるため、控除の使用を考えている場合は、ご自身の購入予定の物件が対象なのかどうかを確認する必要があります。

このように中古住宅の購入時にリノベーションを行う際には注意点が多く存在しています。LOHAS studioではより詳しく、中古住宅購入時のローンに関してまとめていますので、興味にある方はご参照ください。

「中古購入しリノベーションする際のローンについて」を詳しく見る「中古購入しリノベーションする際のローンについて」を詳しく見る

中古住宅の種類によるメリットやデメリットの違い

中古住宅を買ってリノベーションをする場合、購入する中古住宅の場所や特徴によってメリットやデメリットが異なります。
例えば、中古住宅として購入する物件が古民家である場合のメリットとデメリットは以下になります。

中古住宅の種類によるメリットやデメリットの違い

中古の古民家をリノベーションするメリット

・「材料の強度が良いこと」

古民家で柱や梁などに使用されているヒノキやケヤキは、材料としての質がよく耐久性が高いと言われています。

・「資源の保護になること」

古民家をリノベーションする際、古民家でもともと使用されていた材料を部分的に再利用することができます。一見使えなさそうな木材であってもカンナをかけるだけで綺麗になることもあります。

・「固定資産税が軽減できること」

固定資産税は、建物の築年数によって税金の金額が変化します。そのため、古民家の場合は、条件次第で税金を大きく減らすこともできます。

・「デザインに独自性がでること」

古民家特有の年代を感じさせる落ち着いた雰囲気は、新築ではなかなか出すことができないものです。リノベーションであれば古民家の雰囲気を残しつつ、暮らしやすさを上げることも可能です。

中古の古民家をリノベーションするデメリット

・「断熱性が良くないこと」

古民家の多くは、空気を建物全体に流すように作られており、暖かい空気も流れてしまいます。そのため、断熱材を使用するなどの対策が必要になる場合があります。

・「耐震性に不安があること」

古民家は、材料の強度が高いとは言え、老朽化が進んでいることがあります。購入する際は、専門家に依頼して、目に見えないわかりにくい箇所の耐久力も事前に調査しておく必要があります。

・「思っている以上に費用がかかること」

古民家は、水回りの設備などが古く、おもったよりもリノベーションする箇所が増えてしまいがちです。その場合、費用が思った以上にかさむ場合があります。

このように中古物件の特徴によって、詳細なメリットやデメリットも変わってきます。LOHAS studioでは、例にあげた古民家でリノベーションをする際のメリット・デメリットについてまとめました。ご興味のある方は下記記事をご覧ください。

「古民家のリノベーション」を詳しく見る「古民家のリノベーション」を詳しく見る

リノベーション会社を選ぶ際のポイント

最後に、リノベーション会社・業者を選ぶときのポイントについてご紹介していきます。
いざリノベーションをしようと思ったものの、業者や会社が多くて何を基準にして選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?
リノベーション業者を選ぶ際のポイントを以下にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 自分のリノベーションイメージとリフォーム会社の施工事例やデザインがマッチしているか
  • 施工事例や施工実績が豊富であるか
  • 事業者団体・建設業許可の登録状況など、信用できる会社であるか
  • 改修する家から近い場所にあるか
  • 打ち合わせやすり合わせを細かい部分まで行ってくれるか
  • アフターサービスや保証内容が充実しているか

理想のリノベーションを実現するためには、豊富な施工実績や信頼がある会社であることが一番です。また、アフターメンテナンスや急なトラブルに際し対応してもらうためにも、なるべく自分の住んでいる地域にある会社の方が良いという意見もあります。
このサイトでは、施工事例を始め、お役立ち情報を多数掲載しているので、ぜひお役立てください。

中古住宅を買ってリノベーションの施工事例

ワンフロア×カフェの住まい

ワンフロア×カフェの住まい
人が集まり皆がくつろげるカフェ風の空間にリノベーション。
ナチュラルな木の風合いと白をベースに、キッチンの金属感と遊び心のあるカラーをアクセントとして取り入れ仕上げました。

妖精の水遊び

妖精の水遊び
自然素材ならではのやさしい雰囲気の空間に、リノベーション。
段差ゼロのバリアフリー設計にし、無垢フローリングを使用し、全体的なデザインの統一感がでるように仕上げました。

心地よい空間でくつろぎの読書タイムを

心地よい空間でくつろぎの読書タイムを
自宅で過ごす時間を心地よくしたいため、リノベーション。
置き家具をおかないように収納を充実させ、シンプルなリビングに仕上げました。

家族と伝統を守る癒しの家

家族と伝統を守る癒しの家び
自然素材ならではのやさしい雰囲気の空間に、リノベーション。
段差ゼロのバリアフリー設計にし、無垢フローリングを使用し、全体的なデザインの統一感がでるように仕上げました。

中古住宅リノベーション事例

関東地域ごとに中古住宅を買ってリノベーションした事例をまとめました。「中古住宅を買ってリノベーションをするイメージが沸かない…」という方は、ご自身のお住まいの地域での事例を見ることで、より身近にリノベーションを感じられると思います。LOHAS studioによる中古住宅のリノベーション事例をご覧ください。

東京の中古住宅リノベーション事例

東京の中古住宅リノベーション事例
東京で実際に中古住宅を購入し、リノベーションを行った事例をご紹介します。中古住宅をリノベーションすることで、夢の”都内一戸建て”を実現した事例をご覧ください。

神奈川の中古住宅リノベーション事例

神奈川の中古住宅リノベーション事例
神奈川で実際に中古住宅を購入し、リノベーションを行った事例をご紹介します。住みたいランキングで上位にランクインすることが多い神奈川県。そんな魅力の高い都市での、リノベーション事例をピックアップしました。

埼玉の中古住宅リノベーション事例

埼玉の中古住宅リノベーション事例
埼玉で実際に中古住宅を購入し、リノベーションを行った事例をご紹介します。子育て世代の中古物件購入を支援する制度のある埼玉での、リノベーション事例をまとめました。

千葉の中古住宅リノベーション事例

千葉の中古住宅リノベーション事例
千葉で実際に中古住宅を購入し、リノベーションを行った事例をご紹介します。良物件を安価に購入し、自由なリノベーションを千葉県で行った事例をお伝えします。



中古を買ってリノベーションページ

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.