中古を買ってリノベーション リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP中古を買ってリノベーション

「再生住宅」のご提案、中古を買ってリノベーションしよう

  • 中古を買ってリノベーション
  • Grand View ~「外」を「内」に引き寄せた伸びやかな空間 ~
  • 家族がつながる、アーバンオアシス
  • 色を楽しみ 色と暮らすサンタフェスタイル
  • 3つのtasteが織り成す癒し空間~英国の執務室・アメリカンカントリー・シンプルモダン~

中古住宅の購入に、アドバイスをくれるような詳しい人、近くにいますか?

家づくりはほとんどの人にとって、一生に一度の大きな買い物であり、「この家はあまり良くなかったから建替えようか。」というわけにはいきません。それゆえ、いざマイホームを買おう、建替えようとしたときに、どこに注意して住宅を選ぶか、どこに相談して家をリフォームするか、といった迷いや不安を抱かれる方も少なくありません。
さらに、不安や疑問を抱えたまま、住宅を建築中の方も少なくないのです。最悪の場合、その不安が的中して、業者の方と裁判沙汰になってしまうことさえあります。
住宅ローンの支払いは30年など長い期間を要し、一度購入を決めたら、住宅とは長い間向き合っていかなくてはならないものになるでしょう。
あらゆる面ですべてがパーフェクトという訳にはいかないでしょうが、後悔しない家づくりを慎重に考えましょう。

リノベーションに適した中古一戸建てとは?選ぶポイントは?

中古住宅をリノベーションする魅力とは?

現在、首都圏を中心に人気を呼んでいる「中古リノベ」。一体どんな魅力があるのでしょうか?メリットを確認してみましょう。

安い購入費用

まず始めに挙げられるのが購入費用の安さです。
中古物件の購入費用はほとんどの場合、新築物件の購入費用より安く済むことが多いです。地域によって差はありますが、新築物件と中古物件に300万円以上の差がでることも珍しくありません。
中古物件を購入してリノベーションを施すなら、新築の住宅を買うよりも安いお値段で自分好みのお住まいにつくり変えられます。ライフスタイルに合わせてデザインできるのは、大きな魅力ですよね。

希望のエリアを探しやすい

新築物件に比べて中古物件の方が流通量が多いため、希望のエリアから物件を見つけやすいです。お仕事の関係で希望のエリアがある方、お子様の学校などご家族の状況に合ったエリアを気兼ねなく選択することができます。

中古住宅におけるリノベーションの注意点

値段やデザインの面でメリットが多い中古住宅のリノベーションですが、施工前にいくつか注意しておきたいポイントもあります。

構造の確認に時間がかかる

リノベーションを決めたらすぐに工事に取り掛かるわけではなく、現場調査を踏まえた構造の確認が必要です。 木造軸組工法やプレハブ構造、ラーメン構造や壁式構造など、住宅の構造や工法によってリノベーションできる範囲が変わります。事前調査の時間を考えておくようにしましょう。

瑕疵担保期間が短い

「瑕疵担保期間」とは、契約内容に沿わない傷や欠陥・欠損がある場合、一定の期間内に補修を要求できる期間のことです。
中古リフォーム・リノベーションでは契約に基づく対応であることが多く、一年程度の担保期間が取られます。依頼先の施工業者に確認を取り、把握しておくといいでしょう。

中にはローンが組めない物件も

住宅を建てるための決まりに「建築基準法」というものがあります。
例えば、建築基準法の規定を満たした道路に敷地が接していたり、接している間口が2m以上必要だったりする決まりがあります。
しかし、その基準を満たしていない物件は「再建築不可物件」とされ、家を新築することができなくなってしまいます。リノベーションをする上では問題ありませんが、地震や火事など何らかのトラブルで建て直しが必要になった場合、家を新築することができなくなってしまいます。
また、再建築不可物件ではローンが組めないケースやローンの限度額が低くなってしまうことも多いです。 「もしもの時」を考えて、住宅基準法に準拠した住宅を選ぶようにしましょう。

目的に応じた増改築(リフォーム)工事やリノベーション

増改築やリノベーションを考えるタイミングは以下のようなものがあるかと思います。

●建物や設備の老朽化
床の傾斜やきしみが大きくなったり、いたるところで雨漏りやカビが発生したり、軒裏や塗装のはがれが目立つようになってきているかもしれません。また、排水管が錆が原因で詰まったり、管に穴が開き漏水してしまうかもしれません。

●ライフサイクルの変化
子どもの成長に伴い、子ども部屋が必要になったり、高齢化した両親との同居などで、より広い空間が必要になってくるかもしれません。逆に、子どもが一人立ちし別に住むようになり、いまの住まいを見直す必要がでてくるかもしれません。

●現状への不満
キッチンの作業台の高さが合わなかったなどキッチンの使い勝手が悪いと感じていたり、ウォシュレット機能のついたトイレにしたいと思っているかもしれません。

家の傷みにしろ、ライフスタイルの変化への対応にしろ、衝動的に増改築(リフォーム)を始めるのではなく、住まいへの不満や希望は他にないかどうか、家族みんなで意見を出し合って、長期的な視野にたって計画を立てましょう。

中古住宅を価値のある建物として「再生・リノベーション」

消費社会一辺倒の考え方に疑問を持った当社OKUTAは、古くなった中古住宅を価値のある建物として「再生」させることで売り主の財産の目減りを防ぎたいと考えております。
これまでに、当社では、首都圏エリアトップクラスの住宅リフォーム店として、自宅を売却する方の立場に立って、最小限の費用で最大の効果を発揮する再生リフォーム、すなわち、リノベーションのご提案をしてきました。ご自宅を売却される場合に、新築物件と同じように「点検」や「保証」を付けて、ご購入者にも安心して頂き、結果として、財産目減りを防ぐことにつながっています。

タイプ別「中古×リノベーション」プラン

中古住宅を購入してリノベーション

持続可能で豊かな社会を目指すストック住宅やリノベーション住宅のメリット、中古住宅を買ってリノベーションを実施した事例を紹介します。

中古住宅・一戸建てを購入してリノベーション

中古マンションを購入してリノベーション

マンションリノベーションのメリットやリノベーション物件選びのポイント、中古マンションを買ってリノベーションを実施した事例を紹介します。

中古マンションを購入してリノベーション

中古を買ってリノベーションページ

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.