価格帯別にキッチンリフォームでできること リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP価格帯別にキッチンリフォームでできること

価格帯別にキッチンリフォームでできること

  • キッチンリフォーム2
  • キッチンリフォーム1
  • キッチンリフォーム3
  • キッチンリフォーム4
  • キッチンリフォーム5
  • キッチンリフォーム6
  • キッチンリフォーム7
使いやすさを求めてキッチンリフォームを考える主婦も多いかと思います。これは、主婦にとってキッチンは主戦場であり、キッチンに対する不満や要望があると、主婦は明るく過ごせず、そのため、必然的に家全体の雰囲気も明るく活き活きとならないためです。
しかし、キッチンは水道、ガス、電気などを扱う複雑な機能が集まる場所であるため、キッチンリフォームの費用は、選ぶ機器や工事の内容によって大きな差が出ます。
そこで、ここでは、価格帯別にキッチンリフォームでできることと、キッチンリフォーム価格の変動要因について紹介していきます。
是非、キッチンリフォームについて「これくらいの費用でだいたいこれくらいの工事ができる」という目安づくりの参考にして下さい。

価格帯別にキッチンリフォームでできること

50~150万円、150~400万円の価格帯毎に、それぞれキッチンリフォームでできることをまとめています。よくあるリフォーム工事事例とおおよその価格を確認しておきましょう。

価格帯別にキッチンリフォームでできること

50~150万円の価格帯でできること

この価格帯では、主に、同じ配置でシステムキッチンのみを交換する工事に対応します。ここでは、2つのキッチンリフォーム事例を挙げます。
1つの目の事例として、古いキッチンを、壁付けの間口1.8メートルのシステムキッチンに交換する場合には、50万円程度かかります。内訳としては、一般的に、間口1.8メートルのシステムキッチンに25万円前後かかります。さらに、古いキッチンを撤去して、新しいシステムキッチンに交換する工事費用として、25万円前後かかります。
2つの目の事例として、古いキッチンを、壁付けの大型(間口2.55メートル)のシステムキッチンに交換する場合には、90万円程度かかります。内訳としては、一般的に、壁付けの大型(間口2.55メートル)のシステムキッチンには20~75万円程度かかります。さらに、工事費用として35万円前後かかります。工事の内容は、キッチンの撤去と設置作業、水やガスの配管の設置、床や壁などの補修などになります。ただし、床や壁などの補修が広範囲にわたる場合や、ダイニングスペースの補強作業が別途必要になった場合などは、さらに費用がかかる場合があります。

木質柄のキッチン
木質柄のキッチン
木の温もりあるリビングダイニングにあわせて、木質柄のキッチンを採用しました。風合い豊かな自然素材をふんだんに取り入れた、優しく温もり溢れる空間に仕上げることができました。
オーダーキッチン
オーダーキッチン
憧れていた、グレーのタイル張りの天板のオーダーキッチンを採用。カウンター下には祖父母の箪笥を再利用し、シンクの下にはゴミ箱を仕舞えるなどスッキリ使いやすい空間になりました。
費用50~150万円でできること

150~400万円の価格帯でできること

この価格帯では、主に、キッチンの形と配置を変更する工事に対応します。ここでは、2つのキッチンリフォーム事例を挙げます。

1つの目の事例として、壁付けシステムキッチンをペニンシュラ型(キッチンの左右どちらか一方が壁に接した対面キッチン)に変更する場合には、250万円程度かかります。内訳としては、一般的に、対面式のシステムキッチンは100~200万円程度かかります。(対面式のシステムキッチンは見栄えにこだわったものが多く、壁付けのものより高価になる傾向があります。)さらに、工事費用として100万円前後かかります。工事の内容は、キッチンの撤去と設置作業、ダイニングキッチンにフローリングを貼る作業、排気用のダクト工事、水やガスの配管工事、照明の取り換えなど多岐にわたります。

2つの目の事例として、壁付けのL字型のシステムキッチンをアイランド型(キッチンが壁に接していない、完全に独立した対面キッチン)に変更し、キッチンとリビングルームを一体化し内装もきれいにする場合には、400万円程度かかります。内訳としては、アイランド部分はシンクのみとし、食器棚などの収納部分が多い壁付けのシステムキッチンを新しく購入すると、200万円前後かかります。さらに、工事費用として200万円前後かかります。これは、1つ目の事例の工事内容に、リビングルームの床、壁、天井の内装もきれいにする工事が加わったものとなります。

子育てオープンキッチン
子育てオープンキッチン
配置を変更し、キッチンを回遊型にしました。お料理をしているときも家族とのコミュニケーションをはかることができる、開放的なキッチンに仕上げることができました。
ガーデンビューキッチン
ガーデンビューキッチン
壁向きのキッチンをやめ、対面キッチンを採用。キッチンからはガーデンを望むことができ、窓から入る陽射しと風が心地良く、外と繋がったかのような空間に仕上げることができました。

キッチンリフォーム価格の変動要因

目安をたてるために知っておきたい、キッチンリフォーム価格の変動要因について、「キッチン」と「工事費」の2つに分けて説明しますので、それぞれの要因を確認しておきましょう。

価格帯別にキッチンリフォームでできることの変動要因

キッチン

キッチンの価格は、メーカーによって用意されているグレードによって大きく変わり、主に、素材、キッチンタイプ、設備機器によります。これは、これらの違いが材料費の増減に直結するためであり、見栄えや機能性など優先度をつけて検討しましょう。
<素材>
素材には、ステンレス、メラミン樹脂、人工大理石、御影石など様々なものがあります。ワークトップに人工大理石、御影石などの高級素材を用いると、ステンレス、メラミン樹脂よりも、費用がかかります。ワークトップだけではなく、扉などにも高級素材を用いると、さらに費用がかかります。
<キッチンタイプ>
キッチンの形には、I型キッチン、L型キッチンなどいくつかの種類があります。L型キッチン、アイランド型キッチンとなるにつれて、I型キッチンよりも費用がかかります。また、キャビネットには、開き扉タイプと引出しタイプがありますが、引出しタイプの方が費用がかかります。
<設備機器>
ビルトイン食器洗い乾燥機、IHクッキングヒーター、タッチレス水栓、電動昇降吊り戸棚食器乾燥庫などを新たに取り付けると、使いやすくなりますが、その分費用がかかります。ビルトイン機器は多機能であるほど価格が高くなります。

なお、数年前に買い替えたため比較的新しかったり、使い慣れている方が安心という理由から、現在使用中の機器をそのまま流用したいと考える方もいるかと思います。その場合、機器本体の費用を節約することができます。ただし、現在使っている機器が、リフォーム後の新しいキッチンに組み合わせられない場合もあるため、しっかりと事前にリフォーム会社に確認しましょう。

工事費

工事にかかる費用は、プランによって大きく変わり、主に、キッチンの配置やキッチン周辺の収納をどのようにするかによります。
<キッチンの配置>
同じ配置で単純にキッチンを入れ替えるリフォームよりも、I型からL型に変えたり、キッチンの位置を移動させるなどの配置の変更がある場合には、費用が余計にかかります。これは、床や壁の解体や造作などの工事や、設備配管のやり替え工事が発生するためです。そのため、キッチンの間口の高さや水道の位置、ガスコンロの位置などを必ず確認しておきましょう。
<キッチン周辺の収納>
新しい収納を設置しようとする場合、現状、その設置スペースがなければ、費用が余計にかかります。これは、新たなスペースを確保するために工事が別途必要になってしまうためです。そのため、本当に新たな収納が必要なのかしっかりと事前に検討しておきましょう。

水まわりのリフォーム
  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.