システムキッチンにリフォーム リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPキッチンリフォームシステムキッチンにリフォーム

キッチンリフォーム

システムキッチンにリフォーム

  • キッチンリフォーム1
  • キッチンリフォーム2
  • キッチンリフォーム3
  • キッチンリフォーム4
  • キッチンリフォーム5
  • キッチンリフォーム6
  • キッチンリフォーム7
キッチンのリフォームにおいて、思い切ってシステムキッチンを導入しようと考える方が増えてきています。これは、時代の流れにあわせて、食洗機や浄水器などのシステムキッチンの設備が充実するなど機能や性能が進化したことにあります。ただし、その一方で、システムキッチンという言葉はお使いでない方にとっては耳慣れない言葉かと思います。
そこで、ここでは、あらためて、システムキッチンの特徴や魅力から、システムキッチンの選び方のポイントなどを紹介していきます。 キッチンは家の中で寝室やリビングの次に長い時間を過ごす場所であり、キッチンがリフォームできれいに使いやすく変われば、毎日を楽しく過ごせますし、あとあと後悔しないよう、しっかりと検討しましょう。

システムキッチンの特徴・メリット

システムキッチンは毎日の料理を楽しくさせてくれます。よく言われているシステムキッチンの特徴・メリットとして、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

システムキッチンの特徴・メリット

パーツを自由に選べる

従来のタイプのキッチンは独立したコンロ台と流し台などをつなげて使うというものでしたが、システムキッチンは、キャビネット、コンロ、シンクを1枚のカウンタートップ(ワークトップ、または、天板とも言う)でつなぎあわせたものが使われます。
商品シリーズごとにデザインや仕様が決まっており、その中で個々のパーツを自由に選ぶことができるものと、形から個々のパーツの配置まで自分で決められるものがあります。どちらの場合も、自分のこだわりをキッチンに反映することができるので、使いやすいキッチンになるでしょう。
例えば、リフォームする間取りにあわせて横の寸法や調理台の高さも自由に調整することができるため、料理をする方の体にあわせることで、体にかかる負担を大幅に軽減することができます。また、食器洗い乾燥機、お掃除のラクなレンジフードなどのオプションの組み合わせなども自由できるため、自分なりの使いやすさを実現することができます。
カラーや素材も選べるため、好みのデザインのシステムキッチンにすると、毎日のお料理が楽しみになるのではないでしょうか。

洗練されたデザインで機能的

システムキッチンは、コンロやシンクなどが一体化しているため、デザインに統一性があり、お洒落で洗練されたデザインのものが多くあります。さらに、商品シリーズごとにテーマがあり、個性的なデザインとなっています。これは、最近はオープン対面タイプのキッチンが増え、リビングやダイニングからシステムキッチンがよく見える構造になり、キッチンの見栄えを重要視する人が多くなってきているからと言われています。オシャレなキッチンだと、毎日の料理も自然と力が入りますよね。
さらにオシャレなだけでなく、収納スペースが統一されているため、壁との間に小さな無駄なスペースができにくくなるなど、機能的で使いやすいつくりとなっています。

ショールームで実物を見て選べる

システムキッチンなら、ショールームで実際に実物を見て、デザインや機能性を確認することができます。毎日使うものだからこそ、前に立ってみたり、収納を引き出したり降ろしてみたりと、実際に触れてみて、キッチンの高さや幅、収納部の操作性などを自分の感覚で比較して選びましょう。
また、ショールームには担当者がいますので、カタログを見て気になった点を質問して確認することができます。システムキッチンに対する知識を深めることができ、カタログだけではわからなかった新たな発見があるかもしれません。
なお、システムキッチンは、同じようにみえて意外と違いがあるため、2社以上のショールームに行き比較することをおすすめします。

汚れにくくお手入れが簡単

システムキッチンの特徴やメリットとして話題に上がりやすいことの一つに、「掃除のしやすさ」があります。通常のキッチンの場合、コンロや調理台、シンクなどがバラバラの配置になっていて、その隙間に汚れが入ってしまいます。これが原因で掃除をするときに手間がかかってしまいます。しかし、システムキッチンの場合は、キッチンに備わっていなければならない機能がすべて1つの天板の中に埋め込まれています。そのため、しきりや隙間がなく、汚れが溜まる場所がありません。掃除をする際は、サッとひと拭きするだけで簡単に済ますことができます。
日々のキッチンのお手入れが億劫な人であっても、そこまで苦労することなく綺麗にできてしまうことが、システムキッチンが好まれる理由でもあります。

キッチンリフォームでシステムキッチン選びのポイント

システムキッチンをデザインだけでパッと決めてしまうと後悔してしまうこともあります。リフォームしてお気に入りのキッチンにするために、システムキッチン選びのポイントとして、大きく分けて以下の4つが挙げられます。

キッチンリフォームでシステムキッチン選びのポイント

操作しやすさ

<操作しやすさ>

操作性を向上させる確認ポイントとして、主にシステムキッチンの「高さ」「幅」「収納スペース」の3点が挙げられます。

<高さ>

システムキッチンの高さが自分の体にあわないと、長時間調理をしたときに肩がこってしまったり、シンクで洗い物をしていると知らない間にタオルが体に当たり、いつの間にかタオルが落ちてしまったりしていることがあります。
一般的に、高さは、(身長÷2)+3cm~5cmと言われていますが、腕や胴の長さの違いで体型には個人差があるため、実際に実物で確認して、自分の体にあった高さのキッチンを選ぶとよいです。なお、ショールームで確認するのにハイヒールを履いてきてしまった場合には、スリッパを貸してくれますので、是非履き替えて選んで下さい。

<幅>

システムキッチンの幅を検討し忘れると、コンロとシンクでそれぞれ一人ずつ作業をしていると肘が当たってしまうことや、コンロの前に二人で並べないことがあります。
一般的に、幅は、2250mm(2m25cm)と言われていますが、シンクで洗い物を一人がして、料理をコンロでもう一人がするといった場合には、キッチン全体の幅を広くしなくてはならないですし、コンロに二人で立って料理をすることが多い場合には、コンロ幅を十分にとらなければなりません。そのため、リフォーム後のキッチンの日常の使い方をイメージして、幅を検討するとよいです。

<収納スペース>

システムキッチンの収納スペースを検討し忘れると、しゃがんだり立ったりの繰り返しで体に負担をかけてしまうことや、手が届かないところにあることからあまり使わなくなってしまったりすることがあります。
収納スペースは、ただ単に広く確保するということにだけにとらわれず、スライド式や自動昇降機能を付けたりするなど、使い勝手を考慮するとよいです。

お手入れのしやすさ

お手入れをしやすくするための確認ポイントとして、主に「シンク」「コンロ」「グリル」「換気扇」の4点が挙げられます。

<シンク>

シンクのヌメリや水垢がとれなかったり、熱い鍋やフライパンを置くと、黒くしみになって残ったりすることがあります。
これはシンクの素材の違いによるものであり、人造大理石やステンレスなど、商品によってシンクの素材は多岐にわたり、それぞれメリットやデメリットがあります。そのため、デザインだけではなく、素材も考慮するとよいです。

<コンロ>

コンロの狭い溝やアナの汚れはなかなか取りにくいことがあります。
ガスコンロをやめてIHコンロにすると、表面が平らでお手入れがより簡単になりますので、ガスへのこだわりがないのであれば、選択肢にいれてみるのもよいです。

<グリル>

グリル庫内で魚の皮が張り付いて焦げ付いてしまうことや、焦げ付いた煙が部屋に充満してしまうことがあります。
メーカーによって食材の焦げつきにくいフッ素加工が施されものや、煙をグリル外に出さないスモークオフ機能が付いたものまであるため、各メーカーのグリルをいろいろとみてみるとよいです。

<換気扇>

換気扇がプロペラファンのものだと、油がべっとりと付いて、長い間放置しておくと洗剤を使ってもとれないことがあります。
換気扇はプロペラファン以外にシロッコファンというタイプのものもあり、これは、油を吸着するのではなく、下に設置した受け皿に汚れを落としていくものであり、導入すればベトベトしにくくなるため、選択肢にいれてみるのもよいです。

収納の便利さ

収納スペースを大きくとっていたのに、内部がくちゃくちゃで整理できていないことがあります。
これは内部に仕切りがないためであり、これでは、せっかく大きくスペースを確保したのに無駄なデッドスペースが多くなってしまい、勿体無いです。そのため、リフォーム前のキッチン周りのものを全て見ておき、収納時のイメージをつけて検討するとよいです。

性能の良さ

システムキッチンには、オプションで最新設備を付けることができます。
例えば、食器洗い乾燥機を付ければ、食器の洗う時間と手間を省くことができますし、ビルトイン浄水器を付ければ、シンク上はすっきりとした状態で、水道水からおいしい水を飲むことができます。
最低限の設備で物足りなさを感じる方は、オプションも検討するとよいです。

システムキッチンのリフォームの費用

システムキッチンにリフォームしようと思い立ったはいいものの、実際に自分の理想のシステムキッチンを作った場合にどれくらいの費用がかかるのかわからないと不安を感じる方もいると思います。ここでは、そんな方のために、費用別にどのようなシステムキッチンへのリフォームができるのかを解説します。

システムキッチンのリフォームの費用

10万円~30万円の費用でできるシステムキッチンリフォーム

もともとシステムキッチンである場合、10万円~30万円の費用でシステムキッチンに埋め込まれているコンロなどを部分的に変更することができます。例えば、ガスタイプのコンロだったものをIHタイプに変更することなども可能です。
通常のキッチンからこの価格帯でシステムキッチンにリフォームをするのは少々難しいようです。

30万円~100万円の費用でできるシステムキッチンリフォーム

この価格帯になるとできることが増えてきます。通常のキッチンからシステムキッチンへの変更も可能です。ただし、水道管の位置を変えてしますような大規模なキッチンの配置や形の変更を行うと予算オーバーになる可能性もあるため注意が必要です。できるだけ、元のキッチンの配置のままシステムキッチンに変更することで比較的費用を抑えることができます。

100万円~300万円の費用でできるシステムキッチンリフォーム

ほとんどのシステムキッチンへのリフォームが可能です。前述した水道管の位置を変えるような配置の変更もできるため、リフォーム前は壁に接していたキッチンをリビングに面したアイランド型キッチンに変更することも可能です。

中古マンションリノベーション事例

ここでは、LOHAS stadioで行ったシステムキッチンのリフォームの事例をいくつかご紹介します。実際にシステムキッチンへのリフォームを行った方々の声を見ることで、ご自身のリフォームの際の参考にしてください。

「狭い、部屋が無い」を解消! 間取りの見直しでナチュラルな家に

「狭い、部屋が無い」を解消! 間取りの見直しでナチュラルな家に
『キッチンが狭く作業効率が悪い』 といったキッチンに対する悩みを持っていた施工主様が、システムキッチンにリフォームすることで、収納スペースも多く広々としたゆとりあるキッチンを手に入れました。

グレイッシュな風薫るリビング

グレイッシュな風薫るリビング
壁に囲まれて暗かったキッチンが、システムキッチンにリフォームすることで、明るくリビングと面したキッチンに生まれ変わりました。LOHAS stadioならではの、構造上のマイナス要素を逆手にとったキッチンリフォームをご紹介します。

近居で叶える、憧れの雑貨屋さんみたいな家。広くなったスペースでホームパーティ!

近居で叶える、憧れの雑貨屋さんみたいな家。広くなったスペースでホームパーティ!
キッチンが2か所あるなど、2世帯住宅特有の悩みを持っていた住宅をリフォームしました。キッチン周辺の導線を改善するために、機能性を意識したL型システムキッチンにリフォームしました。

冬は0℃の2階がポカポカ 光の通り道で「遊び」ある子世帯リフォーム

冬は0℃の2階がポカポカ 光の通り道で「遊び」ある子世帯リフォーム
子供の進学を考えて引っ越した住宅が、住んでみたら単身サイズの簡素なキッチンだった施工主様。キッチン水回り周辺の間取りを大規模に変更する工事を行い、広さと好みのデザインの双方を叶えました。

  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.