キッチンリフォーム、DIYできる所とできない所 リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPキッチンリフォーム、DIYできる所とできない所

キッチンリフォーム、DIYできる所とできない所

  • キッチンリフォーム2
  • キッチンリフォーム1
  • キッチンリフォーム3
  • キッチンリフォーム4
  • キッチンリフォーム5
  • キッチンリフォーム6
  • キッチンリフォーム7

近年、流行っている「DIY(Do It Yourself)」を自宅のリフォームやリノベーションで取り入れたい!と考えている方が急増しています。
しかし、DIYで全てをまかなうことは現実的に難しく、取り返しのつかない失敗につながってしまうリスクがあります。
ここでは、キッチンリフォームにおける、自分でDIYできる箇所と、できない箇所をご紹介いたします。

自分でDIYができる箇所はどこ?

DIYは数年前に流行が始まって以降、ハウツー書籍やインターネット上のまとめ情報などから、様々なノウハウが簡単に入手できるようになりました。
DIYに興味はあるけれどどこから手を付けていいか分からない…。そんな方におすすめのDIYポイントは、ずばり「壁」です。
キッチンの壁は、少し手をいれるだけでキッチンの雰囲気をガラリと変えることができます。好みの壁紙やウォールステッカーを貼ったり、自作した棚や吊り下げ収納を取り付けたり、アイデア次第でいくらでもDIYできる部分です。

自分でDIYができる箇所はどこ?

自分の好みに!オススメのDIY

1.マスキングテープ+両面テープで簡単に剥がせる壁紙

壁にあらかじめマスキングテープを貼り、その上から両面テープを貼ることで簡易的な「簡単に剥がせる」壁紙を作ることができます。
この場合、壁紙は生のりや接着剤等がついているものではなく、のりなしタイプを選びましょう。
また、実際に貼ってしまう前にマスキングテープの糊で元の壁が傷つかないか、確認することも忘れないでください。

2.カラーボックスと天板でお手軽キッチンカウンター

複数のカラーボックスを積み上げ、その上に天板を置いて固定すると簡単にキッチンカウンターを作ることができます。
収納が増えるだけでなく、キッチンの目隠しにもなり、何かと便利なキッチンカウンターが簡単に作れるとあって人気のDIYです。
ただし、カラーボックスと天板だけでは耐久性が低く、強度が足りなくなってしまう可能性が高いため、補強用の合板とネジ止めの技術が必要です。

3.万能アイテムの「つっぱり棒」で収納を増やす!

100均などでも手に入る「つっぱり棒」はDIYでは定番の万能アイテムです。1本、好きなところに設置してS字フックをたくさんかけておけば、簡単な吊り下げ式の収納に早変わりしますし、複数のつっぱり棒を組み合わせることで簡易的な棚を作ることもできます。
最近はカラーバリエーションも豊富で、ブラウンやアンティークゴールドといったものもあります。空間の雰囲気に合わせて有効活用するのがトレンドです。

DIYしない方が良い箇所

DIYにも慣れてきたし、そろそろ大規模なDIYをやってみたい…という欲求が出てきても、あちこちに手を出しすぎると危険です。
素人が本来手を出してはいけない部分にうっかり手を付けてしまうと、思わぬトラブルや、取り返しのつかないミスに繋がりかねないため、DIYが難しいキッチンの部位をご紹介します。

DIYしない方が良い箇所

やりすぎはトラブルの原因!DIYを避けるべき部分

1.シンクの交換

キッチンの壁やキッチンカウンターは完璧に自分の好みに出来たけど、シンクの雰囲気がどうしても合わない…となると、これまでやってきたDIYのように自分で何とかしてしまいたい!という気持ちになりますよね。
しかし、一般的にシンクはワークトップ(天板)とビス留めされているケースが多く、交換作業は難易度が高いです。
また、システムキッチンの場合には組み立てなどは業者がやらなければならないという決まりがあるため、自分で交換することはできません。
自分でDIYを始める前にキッチンそのものの交換やリフォームも検討してみてください。

2.ビルトインタイプのガスコンロの交換

ビルトインタイプのガスコンロの交換には、ガス管の接続が必要になります。ガス管の接続は、ガスなどを取り扱うことのできる資格を持った人しか行うことができないため、自分で行うことは危険です。必ず業者に依頼してください。

専門のリフォーム会社に依頼した場合の費用相場

自分ではできないキッチンのリフォームを業者に依頼する場合、どれぐらいの費用がかかるのか、一例をご紹介いたします。

1.シンク(システムキッチン)の交換

多くの場合、シンクだけを取り替える、というケースはあまりなく、システムキッチンの交換という事になると考えられます。
システムキッチンの交換は、業者にもよりますが、本体価格と工事費を合わせて50万円程度〜200万円程度の費用がかかります。
自分のこだわりによって値段が大きく変わる部分ですので、キッチンリフォームの他の記事なども合わせてご参照ください。

2.ビルトインタイプのガスコンロの交換

ビルトインタイプのガスコンロの交換は、工事込みでおよそ3万円〜6万円程度が相場となっています。
システムキッチン全体を交換するよりもかなりお手軽なお値段なので、意外と手を付けやすい場所かもしれません。

キッチンのDIYリフォームについてまとめ

DIYは自分の手で自分の好みのキッチンを作ることができるというメリットの反面、十分な知識がないままにあちこち手を出しすぎると思わぬトラブルを発生させてしまうというデメリットがあります。どこを自分でやりたいのか、どこからを業者に任せるのか、あらかじめはっきりさせてから着工した方が安心です。トラブルなく、自分好みのキッチンを造りましょう。

キッチンのDIYリフォームの施工事例

屋根裏づかいのカラフルLDK

お菓子みたいなキレイ色 -屋根裏づかいのカラフルLDK
憧れのキッチンに似合うお好みカラーに室内をイメージチェンジ!これまで大切にしてきた家具や照明がオシャレに映える、新しくて広いわが家にリフォームします。

想いのまま中古+リノベーション

ハンモックで過ごすグラマラスな休日 -想いのまま中古+リノベーション
たまのオフには思いっきりリラックスしたいと、自分にぴったりの家づくりをご検討されました。自分好みの家を LOHAS studioで叶えます。
DIYリフォーム
  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.