キッチンリフォームの基礎知識と流れ リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOPキッチンリフォームの基礎知識と流れ

キッチンリフォームの基礎知識と流れ

  • キッチンリフォーム2
  • キッチンリフォーム1
  • キッチンリフォーム3
  • キッチンリフォーム4
  • キッチンリフォーム5
  • キッチンリフォーム6
  • キッチンリフォーム7

はじめに

キッチンリフォームを検討している方に、事前に知っていただきたい知識をまとめました。
ちょっと知っておくだけでも自分の理想のキッチンはグッと近くなります。
失敗しないためにも、幅広くキッチンリフォームについて予習をしてみましょう。

キッチンのリフォーム時期について

キッチンリフォームの流れ

キッチンのリフォームは、どんな事を目安に、いつ行うのがよいでしょうか。
キッチンリフォームを検討するときは「キッチンにトラブルが起こった時」と「キッチンをライフスタイルなどに合わせて変更したい時」の2つのタイミングがあると思います。
「キッチンにトラブルが起こった時」の具体的なポイントとして、以下のポイントが挙げられます。

  • ・腐敗が進んでいる
  • ・頑固な油汚れやカビが取れない
  • ・蛇口の水漏れ
  • ・シンク下からの水漏れ など

一方、「キッチンをライフスタイルなどに合わせて変更したい時」の具体的なポイントには、

  • ・既製のキッチンではなく、自分の使い勝手を考えてオーダーメイドしたい
  • ・結婚して家族が増えるのでもっと大きなキッチンが欲しい
  • ・物が溢れかえっていて収納をなんとかしたい
などが挙げられます。

詳細は、「キッチンリフォーム時期かどうかの判断はここをチェック!」のページをご覧ください。

キッチンのレイアウトについて

キッチンリフォームの流れ

キッチンのレイアウトには様々なタイプがあります。
最も一般的なレイアウトはI型キッチンと呼ばれるタイプのものです。ワンルームなどによく見られ、キッチンカウンターが壁側を向いているスタイルのキッチンを指します。
最近流行しているのは、作業台が広く取れるL型キッチンや、作業台が部屋の中で独立しているアイランドキッチンですが、それぞれにメリットやデメリットがあります。

詳細は「キッチンの形・レイアウト」のページをご覧ください。

予算別:キッチンリフォームでできること

キッチンリフォームの流れ

キッチンリフォームを考えた時、やはり一番に考えるのは「どれぐらいの予算が取れるのか」「その予算でどこまでリフォームができるのか」ということだと思います。
例えば、50?100万円のキッチンリフォームであれば同じ形(I型・L型など同じレイアウト)のシステムキッチンを交換する工事が可能です。
キッチンの形を変えたり、配管や配線の位置を変えるには150?400万円程度が必要となってきます。特に、アイランド型のキッチンにリフォームするには大規模な配管・配線工事が必要となりますので予算も大きく加算でしまいます。

詳細は、「価格帯別にキッチンリフォームでできること」のページをご覧ください。

キッチンリフォームの注意点

キッチンリフォームの流れ

大きなお金を投じてやることですから、失敗やトラブルは極力避けたいですよね。
レイアウトやデザインへのこだわりが強いあまり使い勝手の悪いキッチンになってしまった、ライフスタイルが変わってリフォームしたキッチンが使いづらくなってしまった、などの失敗談は事例としてよくある話です。
事前に現状だけでなく、将来の事も見据えて計画をたてること、様々なリスクを考慮してデザインやレイアウトを選ぶことが重要になってきます。

詳細は「キッチンリフォームの落とし穴」のページをご覧ください。

IHキッチンとガスキッチンのメリット比較

キッチンリフォームの流れ

キッチンをリフォームする際に、IHクッキングヒーターとガスコンロのどちらを選ぶかで、お悩みになっている方も多いのではないでしょうか。
IHクッキングヒーターには火を使わない、掃除がしやすいなどのメリットがあります。
一方でガスコンロには炒め物などの鍋振り料理がしやすい、火力の調節がしやすい、調理器具を選ばないなどのメリットがあります。
どちらにもメリットとデメリットはありますので、ライフスタイルやリフォーム予定のキッチンのデザインなどと一緒に考慮すると良いでしょう。

詳細は「IHキッチンとガスキッチンのメリット比較」のページをご覧ください。

おすすめリフォーム:キッチンカウンター

キッチンリフォームの流れ

おすすめのリフォームとして、まずキッチンカウンター(天板)のリフォームをご紹介いたします。
天板を交換するだけで、キッチンの印象はガラリと変わります。
さらに、天板だけなら全体をリフォームするよりもずっと安価に行うことができるので、「全部をやる必要はないけどキッチンの印象を変えたい」「天板が古く傷ついてしまっているのでどうにかしたい」と考えている方におすすめです。

詳細は「キッチンカウンターの選び方」のページをご覧ください。

おすすめリフォーム:ビルド式食洗機

キッチンリフォームの流れ

2つめのおすすめのリフォームは、食洗機を追加するリフォームです。
一昔前まではあまり一般的でなかった食洗機ですが、現在では卓上タイプの製品も販売されており、既にかなり普及している家電であるといえるでしょう。
食洗機には最初からシステムキッチンに組み込まれているビルドインタイプと、現状のキッチンを改造して追加するタイプがあります。
ビルドインタイプの食洗機は大きく分けて国内メーカーのものと海外メーカーのものに分けられます。国内メーカーの食洗機は日本の家事情に合わせて省スペースを実現した、引き出しタイプのものがよく見られます。省スペースでキッチンが狭くても導入しやすい一方で、容量が少ないことが難点です。
海外メーカーのものはフロントオープン型のものが多く、大容量でパワフルな洗浄力をもっている事が特徴ですが、日本の家には大きすぎたり、音や振動がうるさくマンションには向かないなどの難点があります。
現状のキッチンを改造して追加するタイプの食洗機は、シンクの下のスペースや引き出しのスペースを利用して食洗機を追加することが可能です。作業が少なくて済む分、追加する際には幅や高さなどの制限を受けますので、追加できないキッチンもあります。
自分のキッチンや家に合わせて、使いやすい食洗機を業者に相談してみるのが最も確実だと考えられます。

まとめ

キッチンリフォームの流れ

ここまで、様々なキッチンリフォームに関する基礎知識をご紹介しました。
もっと深く知りたい方は記事の中にある詳細のリンク先を、具体的な事例が知りたい方はこのページの下で紹介している事例をご覧ください。

木質柄のキッチン
木質柄のキッチン
木の温もりあるリビングダイニングにあわせて、木質柄のキッチンを採用しました。風合い豊かな自然素材をふんだんに取り入れた、優しく温もり溢れる空間に仕上げることができました。
オーダーキッチン
オーダーキッチン
憧れていた、グレーのタイル張りの天板のオーダーキッチンを採用。カウンター下には祖父母の箪笥を再利用し、シンクの下にはゴミ箱を仕舞えるなどスッキリ使いやすい空間になりました。
子育てオープンキッチン
子育てオープンキッチン
配置を変更し、キッチンを回遊型にしました。お料理をしているときも家族とのコミュニケーションをはかることができる、開放的なキッチンに仕上げることができました。
ガーデンビューキッチン
ガーデンビューキッチン
壁向きのキッチンをやめ、対面キッチンを採用。キッチンからはガーデンを望むことができ、窓から入る陽射しと風が心地良く、外と繋がったかのような空間に仕上げることができました。
水まわりのリフォーム
  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.