愛娘への親心が耐震補強を決意 リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP耐震リフォーム愛娘への親心が耐震補強を決意

愛娘への親心が耐震補強を決意

愛娘への親心が耐震補強を決意
さいたま市は、2001年5月に浦和市、与野市、大宮市の3市が合併して生まれた新しい街。もとの大宮駅と与野駅の間の国鉄操車場跡には広大な新都心が誕生、国土交通省や郵政省の一部が移転してきており、北関東や東北への玄関口として、さいたま市の存在がますます重要になりつつあります。
Y様邸Y様邸は、JR大宮駅西口から真西へ直線で500mほど、ゆっくり歩いても10分かからない場所にあります。右上の写真の背後に写っているのはソニックシティのビル。Y様が現在の土地に初めて家を建てたのは新婚間もない昭和30年前後でした。もちろん大宮駅西口整備もされておらず、今も残る用水路の両側は水田や畑。ご夫人の記憶では、この家あたりにはサツマイモが植えられていたそうです。

以前から軟弱地盤が気になっていたY様

80坪のゆったりした敷地には手入れの行き届いた庭があり、中心街に近い場所とは思えないほどのゆとりを感じさせます。
以前からY様は、地盤が良くないことを気にされていました。もともと用水路に近い傾斜地の畑を、地境に土留めをして整地した土地であること。さらに回りの水はけがあまり良くないため、さらに土盛りもしていたためです。
住み始めてもう50年以上にもなるわけだから、さほど心配することもなさそうだが、やや軟弱な地盤であることは確か。
木耐協の耐震診断の告知チラシを見たY様は、思い切って診断を受けることにしました。あの阪神淡路大震災以前に建てられた家であり、建築後15年目という節目でもありました。
以前から、Y様にはシロアリ防除や屋根葺き替えなどさまざまな業者が耐震診断の利用を申し入れてきたそうですが、地震の専門家でもない業者に頼むつもりはなく、耐震補強の専門事業者が作る組合なら、と木耐協に依頼することにしたそうです。

強い壁をつくれば問題は解決するが

壁を補強最大のポイントが壁の量とバランスの悪さであることは明確であったため、壁量が少ない南面に耐力壁を設ければ問題は解決するものの、座敷と広縁の中央に壁を作ったらお家の持ち味が失われてしまいます。そこで、東南隅の戸袋、および東面の壁2か所を耐震ボードで補強することにしました。(右写真)
ホゾ抜け防止金具またクラックが発生していたコンクリート基礎には樹脂注入による補強を行い、ホゾ抜け防止のためホールダウン金物を6か所に装着。また付帯工事として、少し傷みが出ていた瓦屋根の棟のとりなおしと、湿り気味であった床下への調湿剤敷き詰めを行いました。これら一連の補強により、Y様邸の判定数値は安全ゾーンの1.315まで改善されました。(右写真)
まもなく80歳になるY様は、奥様と娘さんとの3人暮らしですが、その娘さんのために安心して暮らせる住まいを残しておいてやりたい、娘さんが家のため苦労しなくてすむようにというのが、今回の補強工事の目的だったそうです。
最近、少し足が不自由になってきた奥様のためにも、動きやすいように室内を改装することも考えられているご様子でした。
耐震診断無料キャンペーンページはこちらから
事例ページはこちらから
  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.