中古住宅・一戸建てリフォームにおける住宅ローン減税・控除 リフォームのOKUTA

文字サイズ

  • 標準サイズ
  • プラス
  • ロハススタジオについて
  • 施工事例
  • 店舗情報
  • お問い合わせ

住宅リフォームTOP中古リフォーム中古住宅・一戸建てを購入してリフォーム中古住宅・一戸建てを購入してリフォームした際の優遇制度中古住宅・一戸建てリフォームにおける住宅ローン減税・控除

中古住宅・一戸建てリフォームにおける住宅ローン減税・控除

  • Maison de Marie-Antoinette ~中古を買ってリノベーションページ
  • Grand View ~「外」を「内」に引き寄せた伸びやかな空間 ~
  • 家族がつながる、アーバンオアシス
  • 色を楽しみ 色と暮らすサンタフェスタイル
  • 3つのtasteが織り成す癒し空間~英国の執務室・アメリカンカントリー・シンプルモダン~
住宅ローン減税制度は、住宅ローンを利用した場合に、新築住宅や中古住宅の購入だけでなく、増築やリフォームに対して、一部の金額が所得税や住民税から10年間にわたって控除される制度です。控除される金額は、毎年の住宅ローン残高の1%、1年の最大控除額の上限40万円(ただし、長期優良住宅、低炭素住宅の場合、50万円)、所得税と住民税の合計額の中で、一番小さい額が、その年の控除額として適用されます。制度の期限は、2017年末までとなります。 ここでは、住宅ローン減税制度を受ける条件や申請に必要な書類について、わかりやすく紹介していきます。

住宅ローン減税制度を受ける条件

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを利用した場合に、新築住宅や中古住宅の購入だけでなく、増築やリフォームに対して、一部の金額が所得税や住民税から10年間にわたって控除される制度です。控除される金額は、毎年の住宅ローン残高の1%、1年の最大控除額の上限40万円(ただし、長期優良住宅、低炭素住宅の場合、50万円)、所得税と住民税の合計額の中で、一番小さい額が、その年の控除額として適用されます。制度の期限は、2017年末までとなります。

制度を受ける場合には、以下の条件があります。
  • 住宅ローンの返済期間が10年以上あること
  • 居住することが目的であり、住宅の引き渡しや増改築やリフォーム工事完了後、半年以内に居住すること
  • 不動産登記上の床面積が50平方メートル以上であること
  • 年収が3000万円以下であること

なお、増改築やリフォームの場合、以下の条件を満たしている必要があります。
  • 費用が100万円以上であること

また、建築基準法は改正されていくため、中古住宅を購入する際には、現行の耐震基準を満たしている必要があり、以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。
  • 木造などの住宅の場合、20年以内に、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造など耐火構造の場合、25年以内に建築されていること
  • 建築士事務所の建築士や、一般財団法人日本建築センターなどの指定確認検査機関などによって、現行の耐震基準を満たしていることを示す耐震基準適合証明書が発行されること
  • 一般財団法人ベターリビングなどの住宅性能評価機関により実施された既存住宅の性能評価において、耐震等級1以上が確認されること
  • 既存住宅売買瑕疵保険に加入していること

申請は、入居した年の翌年の確定申告の際に、税務署にて行うこととなります。2年目以降は、勤務先に住宅ローンの残高証明書を提出することで、年末調整の際に適用を受けることができます。
住宅ローン減税申請の必要書類
中古住宅・一戸建てリフォームにかかる費用を抑える方法 中古住宅・一戸建てを購入してリフォームを行った場合、住宅ローン減税の申請には以下の書類が必要です。申請が遅れないように、早めに必要書類を準備しておきましょう。

  • 確定申告書
  • (特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書
税務署、または、国税庁のサイトから入手することができ、住宅ローン減税の手続きをするための必要書類となります。
  • 住民票の写し
購入した中古住宅・一戸建てのある市区町村の役所から入手することができ、実際に住宅ローン借入れの名義人が住んでいることの証明になります。
  • 源泉徴収票
勤務先で入手することができ、通常、年末調整後に発行されることが多いようです。会社に勤務している、給与所得者の必要書類となります。
  • 住宅ローンの残高証明書
住宅ローンを借入した金融機関等から送付され、複数のローンを組んでいる場合には、全ての残高証明書が必要です。住宅ローンの残高がどれくらいあるかの証明になります。
  • 登記簿謄本(登記事項証明書)
法務局で入手することができ、通常、建物と土地でそれぞれ1通ずつ必要です。ただし、土地を現金で購入した場合には、土地の登記簿謄本は不要です。なお、コピーは不可で、必ず原本を提出しなければなりません。持ち分や抵当権の有無の確認に使用されます。
  • 売買契約書
中古住宅・一戸建てを購入したときの住宅の売買契約書のコピーが必要です。なお、住宅ローンで土地を購入した場合には、土地の売買契約書のコピーもあわせて必要です。購入金額や購入日などの確認に使用されます。
  • 耐震基準適合証明書、住宅性能評価書、既存住宅売買瑕疵保険付保証明書のいずれか
耐震基準適合証明書であれば建築士事務所の建築士等から、住宅性能評価書であれば国土交通大臣の登録を受けた住宅性能評価機関から、既存住宅売買瑕疵保険付保証明書であれば国土交通大臣に指定された住宅瑕疵担保責任保険法人から、それぞれ入手することができます。現行の耐震基準を満たしていることの証明になります。
  • お問い合わせ
  • カタログのご請求
  • 見学ご希望の方

0120-19-5955 電話受付時間 9:00-19:00 年中無休

お気に入り事例を見る

  • twitter
  • facebook
  • google+

OKUTA

SSL Certificate

Copyright© OKUTA CORPORATION All Rights Reserved.